スタッフブログ

  1. ペットの多頭飼いをめぐる光と影

    複数のペットを一緒に飼うことを「多頭飼育」といいます。 最近、ニュースなどで多頭飼育をしているうちペットがどんどん繁殖し、手に負えない状態なった「多頭飼育崩壊」の問題が取り上げられるようになっています。ペットの多頭飼いをめぐる光と影をのぞいてみました。

  2. 日本のペット関連ベンチャー企業(2) ―愛猫用のこだわりグッズを企画開発

    ペット関連サービスのベンチャー企業は、アメリカだけでなく日本でも続々と登場しています。 猫の健康をサポートする商品を企画・販売しているのが2013年設立の株式会社RINN(東京)です。社名は創業者の愛猫の首輪に付いていた鈴の音からとか。

  3. 日本のペット関連ベンチャー企業(1) ―ペットの位置情報や行動解析サービスを提供

    ペット関連サービスのベンチャー企業は、アメリカだけでなく日本でも続々と登場しています。今いくつか取り上げてみましょう。 まずは、ペットの所在確認や迷子探索に使えるサービスを提供している株式会社Anicallです。

  4. ペット市場の注目スタートアップ企業(5) 専用デバイスでペットの位置をリアルタイムに把握

    ペット市場は日本のみならず、世界市場で拡大しています。そこには当然、様々なビジネスチャンスがあり、多くのスタートアップ企業が参入しています。 今回、取り上げるのはペット向けの専用デバイスによる位置情報や健康データのサービスです。

  5. ペット市場の注目スタートアップ企業(4)ペットの各種データをオンライン上で管理、狙うはペット界のプラットフォーマー?

    ペット市場は日本のみならず、世界市場で拡大しています。そこには当然、様々なビジネスチャンスがあり、多くのスタートアップ企業が参入しています。 今回、取り上げるのはペットに関する情報管理の分野です。

  6. ペット関連の注目スタートアップ企業(3)―地元の信頼できる獣医師が自宅へ往診

    ペット市場は日本のみならず、世界市場で拡大しています。そこには当然、様々なビジネスチャンスがあり、多くのスタートアップ企業が参入しています。 今回、取り上げるのはペットケアの分野。大切なペットに何かあれば、動物病院に駆け込むということは珍しくありません。

  7. ペット関連の注目スタートアップ企業(2)―定期的に新鮮・安全なペットフードを自宅まで

    ペット市場は日本のみならず、世界市場で拡大しています。そこには当然、様々なビジネスチャンスがあり、多くのスタートアップ企業が参入しています。 今回、取り上げるのはペットフードの分野。

  8. 続々登場するペット関連のスタートアップ企業(1)

    自動配車Uber(ウーバー)の“犬の散歩”版 ペット市場は日本のみならず、世界市場で拡大しています。そこには当然、様々なビジネスチャンスがあり、多くのスタートアップ企業が参入しています。

  9. ペットカフェ、ペットレストランのあり方(4)

    動物との触れ合いを売りにするペットカフェ、ペットレストラン。犬や猫のようにペットとして長年飼われてきた動物はまだしも、自然動物の場合には一層の配慮が必要です。最近も、カワウソの商業取引禁止が話題になっています。

  10. ペットカフェ、ペットレストランのあり方(3)

    動物との触れ合いを売りにするペットカフェ、ペットレストランの中には、珍しい野生動物を「展示」するケースがあります。しかし、そこでの動物の扱いにはやや心配になる面があるようです。

ページ上部へ戻る