スタッフブログ

  1. ペットもIoTの時代? シャープが猫や犬向けの新しい商品・サービスを開発

    IoT(アイ・オー・ティー:Internet of Things)とは、様々な「モノ」がインターネットでつながり、稼働状況をリアルタイムでモニタリングしたり、最適な状態に操作したり、ビッグデータを集めて情報分析したりする仕組みのことです。

  2. 「枕草子」に登場する猫とは?

    日本に猫がやってきたのは、奈良時代ともいわれます。仏教が伝来した際、経典をネズミの被害から守るために一緒にやってきたというのです。奈良時代や平安時代にはとても稀少であり、天皇や貴族の愛玩動物(ペット)として、首に綱をつけて大切に飼っていたようです。

  3. 女子フィギュアのザギトワ選手も一目惚れ、 秋田犬ってどこがすごい?

    平昌五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手。まだ15歳ながら完璧な演技と大人びた雰囲気で圧倒的な強さを見せつけました。

  4. 年代別に見る犬を飼うきっかけ

    ペットを飼い始めるきっかけは人それぞれでしょうが、統計からは一定の傾向も見えてきます。年代別に犬を飼うきっかけについて、ペットフード協会の「平成29年度全国犬猫飼育実態調査」のデータをご紹介しましょう。

  5. 昔はネコも首輪をしていた?

    犬とは違い、ネコは放し飼いが基本で、自由気ままに動きまわる動物だと思われています。しかし、かつてはネコも首輪をしていたケースがあるようです。 例えば、紀元前2000年頃の古代エジプト時代には首輪をつけた猫の絵が残っています。

  6. ペットの葬儀に関する意識

    現代社会において、ペットは家族同然と考える人が増えています。そうした考えの表れのひとつが、葬儀に関する意識です。ペット保険のアニコムが発表している「家庭どうぶつ白書2017」には、こんなデータが載っています。

  7. 寿命が長いペットは?

    ペットと一緒に暮らしていると、1日でも長く健康で元気に楽しく一緒に過ごしたいと思う方がほとんどだと思います。長く一緒にいられる寿命が長いペットとはどんな種類がいるでしょう。亀は長寿として知られていますが、リクガメは上手に飼育すると100年以上生きる種類もいるそうです。

  8. ペットの食欲がない時の適切な対処法は?

    ペットの食欲がない時とても心配になりますよね。そんな時はまずはペットの状態をよく観察しましょう。どの程度食欲が落ちているのか、普段の半分以下でペットがまだ幼かったり、高齢なら動物病院で診てもらった方がいいでしょう。

  9. 愛犬の老齢期

    愛犬の老化は、思った以上のスピードで進行します。飼い主はいつまでも無邪気で愛らしい姿でいて欲しいと願うものですが、人間と同じように犬にも必ず老いはやってきます。

  10. 愛猫の老齢期

    いつまでも可愛らしい猫。人間と違い年齢や健康状態が見た目では全く分かりません。しかし猫は人間よりも早く歳を取る生き物。1年で4~5歳は歳を取ります。猫の7歳は人間なら56~58歳くらい。猫は、案外早く老齢期に突入します。猫の7歳はそろそろお年寄り。

ページ上部へ戻る