スタッフブログ

  1. 寿命が長いペットは?

    ペットと一緒に暮らしていると、1日でも長く健康で元気に楽しく一緒に過ごしたいと思う方がほとんどだと思います。長く一緒にいられる寿命が長いペットとはどんな種類がいるでしょう。亀は長寿として知られていますが、リクガメは上手に飼育すると100年以上生きる種類もいるそうです。

  2. ペットの食欲がない時の適切な対処法は?

    ペットの食欲がない時とても心配になりますよね。そんな時はまずはペットの状態をよく観察しましょう。どの程度食欲が落ちているのか、普段の半分以下でペットがまだ幼かったり、高齢なら動物病院で診てもらった方がいいでしょう。

  3. 愛犬の老齢期

    愛犬の老化は、思った以上のスピードで進行します。飼い主はいつまでも無邪気で愛らしい姿でいて欲しいと願うものですが、人間と同じように犬にも必ず老いはやってきます。

  4. 愛猫の老齢期

    いつまでも可愛らしい猫。人間と違い年齢や健康状態が見た目では全く分かりません。しかし猫は人間よりも早く歳を取る生き物。1年で4~5歳は歳を取ります。猫の7歳は人間なら56~58歳くらい。猫は、案外早く老齢期に突入します。猫の7歳はそろそろお年寄り。

  5. ペットにもストレスはあるの?

    ペットは人間のように自分の欲求を言葉にすることができません。しかしペットにも色々な感情があることはその様子からも明らかです。留守番に慣れていないペットを置いて長時間外出する、忙しくて散歩に連れていけないなど、不安や不満を感じさせる行動をしないことが大切です。

  6. アニマルセラピーとは

    動物と触れ合う事で、心が落ち着き、ストレスが軽減する体験を、一度はお持ちではないでしょうか。ペットと触れ合うことで不思議と元気が出て、癒された気分になったことがあるのではないでしょうか。こうした「動物を通した癒し」がアニマルセラピーです。

  7. 猫の触覚 猫のひげの役割

    猫のひげには、私たち人間には想像も付かないような特殊な機能と役割があります。犬や猫のひげは別名触毛とも呼ばれていますが、この名称は「触覚を有する毛」から来ています。猫のひげは口のまわりだけではありません。目の上にも約6本あります。

  8. 犬の五感 触覚について

    犬の触覚(しょっかく)は五感の中で最も早熟です。生後間もない子犬は目も見えず鼻もそれほどよくありませんが、触覚に対応する脳の部位だけは既に成熟している状態と言われています。犬の触覚は2つの要素から成り立っています。1つ目は、接触受容体です。

  9. 猫の五感 味覚について

    キャットフードはかつお節、ツナ、ささみ、チキン、まぐろなど種類が豊富で、味のバリエーションも多彩です。猫の味覚はどれほど敏感なのでしょうか。猫は基本的に酸味、苦味、塩味の3種類の味しか感じることができないとされています。

  10. 犬の五感 味覚について

    犬の味覚は、人間と比べるとどのように違うのでしょうか。そもそも犬に味覚はあるのでしょうか?人間は舌にある味蕾(みらい)細胞と呼ばれる器官の働きにより食べ物の味を感じ分けることが出来ます。

ページ上部へ戻る