スタッフブログ

  1. ペットによる家庭内での製品事故に注意を

    室内で飼育されるペットが増えるにつれ、ペットが原因での火災など思わぬ事故が発生しています。

  2. 猫につきものの腎臓病

    ペットの病気やケガは、飼主にとってはとても心痛む出来事です。治療に費用もかかります。特に猫の場合は、年齢とともに腎臓病になりやすことが知られています。

  3. ペット「殺処分ゼロ」の実態と背景

    日本はいまや1800万匹を超える犬や猫が飼われているペット大国ですが、その陰で問題になってきたのが、捨てられたり飼い主がいなくなったりした犬や猫の「殺処分」です。 全国で飼われている犬や猫はいまや2000万匹近くに達する勢いです。

  4. 古墳時代の埴輪にも登場するペット

    人間とペットとの関りは、数千年の歴史があります。そのひとつの例が、日本の古墳時代に作られた埴輪に登場する動物たちです。 古墳時代は日本の時代区分の一つで、弥生時代と飛鳥時代の間、だいたい3世紀半ば過ぎから7世紀末頃までの約400年間を指します。

  5. ペット保険はもう当たり前の時代に

    最近、保険市場の中でペット保険が拡大しているそうです。ペット保険は、ペットがケガをしたり病気になったりしたとき、その診察や手術、入院などにかかった費用の一部を保険金として受け取れる金融商品です。

  6. 猫にやさしい動物病院、CFCとは?

    これまで動物病院にやってくる患者(ペットなど)は、犬が多かったといわれます。しかし、いまや国内で飼われているペット数では、猫が犬を上回るようになりました。そこで最近、増えているのが猫に優しい「キャット・フレンドリー・クリニック(CFC)」です。

  7. 犬の日、猫の日

    世の中にはいろいろな記念日がありますが、その中に「犬の日」「猫の日」があるのをご存じでしたか。  「犬の日」は11月1日 「犬の日」は、「ワン、ワン、ワン」という犬の鳴き声にちなんで、日本では11月1日とされています。

  8. 日本のペット関連ベンチャー企業(4) ―AIを活用した猫用スマートトイレ、アマゾンでもヒット商品に―

    ペット関連サービスのベンチャー企業は、アメリカだけでなく日本でも続々と登場しています。今回、取り上げるのはAIを活用した猫用のスマートトイレ「toletta2」を開発した神奈川県藤沢市にある株式会社ハチたま(Hachi Tama Inc.)です。同社は2015年3月の設立。

  9. ストレスの多い現代人にとってペットの果たす役割

    現代社会はストレスに満ちています。過大なストレスの結果、うつ病や適応障害、過換気症候群、あるいは各種依存症になったりすることもあります。

  10. ペット向け療法食をスマホから定期購入できるサービスが登場

    ペットの寿命が伸びるにつれて、体調不良や病気にかかるケースも増えてきます。そうした場合に広く利用されているのがペット向けの「療法食」です。

ページ上部へ戻る