スタッフブログ

  1. 「招き猫」の歴史(1)

    日本人なら誰しも、「招き猫」を知っているでしょう。片方の前足をあげて座っている形の猫の像です。左手を上げていると客を招き、右手を挙げていると金を招くとされます。  「招き猫」は日本の伝統的な縁起物のひとつとして、海外でも広く知られています。

  2. 猫はどのように世界に広がっていったのか?

    現在、ペットとして人間の大切なパートナーとなっている猫(ネコ)は、イエネコとも呼ばれるネコ科の動物の一種です。イエネコは、いまも中近東やアフリカに生息するリビアヤマネコから分かれ、イヌと同じように人に飼われる家畜として進化してきました。

  3. ペット向けの“わりかん”保険が年内に登場か?

    可愛いペットが病気になったりケガをしたりしたとき、気になるのが治療代のこと。ペットの治療は自由診療であり、予想外に高額になることもあります。ペット保険に入って備えるという方法もあるのですが、日本ではまだペット保険に加入する割合が10%程度にとどまっているといわれます。

  4. 猫(イエネコ)はどのようにして誕生したのか?

    現在、私たちがペットとして飼っている猫は、生物分類上の種としては「イエネコ」と呼ばれます。遺伝子研究の結果、イエネコの直接の祖先は、アフリカや中近東などにいまでも生息しているリビアヤマネコ(アフリカヤマネコ)であることが分かっています。

  5. 大相撲のかつての舞台はペット供養の聖地でもある?

    仏教の教えとの関係でペットの供養を行う寺院はいまでもそれほど多くありませんが、江戸時代から動物などの供養を積極的に行ってきた有名なお寺があります。  徳川家綱が開いた回向院 そのお寺は、東京・両国にある回向院(えこういん)です。

  6. 歴史上、最も盛大だったペットのお葬式とは?

    いまではペットの葬儀も普通になりましたが、かつては非常に珍しかったはずです。しかし、例外的といっていいほど盛大だったのが忠犬ハチ公のお葬式でした。

  7. かつて古墳に葬られた犬がいた?

    ペットのお墓はいまでは珍しくありませんが、日本には古墳に葬られた伝説の犬がいたのをご存じでしょうか。

  8. ペットによる家庭内での製品事故に注意を

    室内で飼育されるペットが増えるにつれ、ペットが原因での火災など思わぬ事故が発生しています。

  9. 猫につきものの腎臓病

    ペットの病気やケガは、飼主にとってはとても心痛む出来事です。治療に費用もかかります。特に猫の場合は、年齢とともに腎臓病になりやすことが知られています。

  10. ペット「殺処分ゼロ」の実態と背景

    日本はいまや1800万匹を超える犬や猫が飼われているペット大国ですが、その陰で問題になってきたのが、捨てられたり飼い主がいなくなったりした犬や猫の「殺処分」です。 全国で飼われている犬や猫はいまや2000万匹近くに達する勢いです。

ページ上部へ戻る