スタッフブログ

  1. 愛犬と飼い主の性格が似るってホント?

    長年連れ添った夫婦は、なぜか体型や表情が似てくるといわれます。電車の中で、あるいは街を歩いていて、「そっくり」夫婦を見かけることは少なくありません。感覚的には40代以上ほど、出現確率が高いような気がします。

  2. ネコは自分の名前を聞き分けられる?

    ペットを飼う人はみなさん、ペットに名前を付け、普段からその名前でペットを呼んでいると思います。

  3. ペットと飼い主は同じ墓に入れるのか?(2) ―アメリカでは遺言でペットを安楽死させるケースも

    犬や猫などペットはいまや、家族も同然の存在です。愛するペットが亡くなった後、火葬にして遺骨を引き取りペット霊園に納めるたり、ダイヤモンドにして手元供養する人も増えています。では、ペットの遺骨を自分や家族の墓に一緒に入れるというのは、どうなのでしょうか。

  4. ペットと飼い主は同じ墓に入れるのか?(1) ―日本では法的には可能。ただし、宗教上の制約や親族の反対も

    犬や猫などペットはいまや、家族も同然の存在です。愛するペットが亡くなった後、火葬にして遺骨を引き取りペット霊園に納めるたり、ダイヤモンドにして手元供養する人も増えています。では、ペットの遺骨を自分や家族の墓に一緒に入れるというのは、どうなのでしょうか。

  5. ペットに装着するマイクロチップとは?(3) ―データベースに登録してはじめて有効に―

    動物愛護法の改正でブリーダーなどの繁殖業者に義務付けられた、犬や猫へのマイクロチップの装着(実施は公布から3年以内)。今回は、動物用のマイクロチップにおけるデータ登録の重要性についてについて取り上げてみます。

  6. ペットに装着するマイクロチップとは?(2) ―安全性と健康面への影響について

    動物愛護法の改正でブリーダーなどの繁殖業者に義務付けられた、犬や猫へのマイクロチップの装着(実施は公布から3年以内)。今回は、動物用のマイクロチップの安全性と健康面への影響についてについて取り上げてみます。

  7. ペットに装着するマイクロチップとは?(1)

    今回の動物愛護法の改正では、犬や猫へのマイクロチップの装着が義務化されました(実施は公布から3年以内)。 義務化されるのはブリーダーなどの繁殖業者で、飼主に販売するまでに装着しなければならず、また環境省への情報登録も必要になります。

  8. 動物虐待を巡る判例の傾向について

    前回、取り上げたように「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物保護法)の改正案が2019年6月に成立し、概ね1年以内に施行されることになりました。 これにともない、ペットの殺傷や虐待・遺棄についての罰則規定(上限)が下記のように強化されます。

  9. 改正動物愛護法が成立 動物虐待の罰則が強化

    最近、ペットの虐待のニュースが世間を騒がせています。例えば2019年6月、他人の飼い猫を盗み、十数匹を虐待した容疑で50代の男が富山で逮捕されました。

  10. 日本のペット関連ベンチャー企業(3) ―ペットの里親募集などができるコミュニティサイト―

    ペット関連サービスのベンチャー企業は、アメリカだけでなく日本でも続々と登場しています。今回、取り上げるのは株式会社Easy Communicationsが運営する国内最大のコミュニティサイト「ペットのおうち」です。

ページ上部へ戻る