スタッフブログ

  1. 犬の五感 嗅覚について

    五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が外界からの情報を得る重要な手段なのは、人も犬も同じです。人が情報の約8割を視覚から得ているのに対し、犬は嗅覚から4割、聴覚から3割を、視覚からは2割だといわれています。嗅覚は鼻腔内の嗅細胞によって感じます。

  2. 猫の夏バテ対策

    猫は犬に比べると熱中症にはなりにくい動物です。しかし、自由に涼しい場所へ移動できないような環境では猫も熱中症になることがあるため注意が必要です。猫の夏バテは消化器系にくることが多く、食欲不振や嘔吐などの症状が出ることもあります。

  3. 犬の夏バテ対策

    汗をかかないことや全身が毛で覆われていることから、犬が暑さに弱いことは有名です。夏には人間同様、犬も夏バテになります。犬は、苦しい、辛いなどの言葉を話せないので、犬の夏バテ対策は飼い主が日頃から気をつけなければなりません。

  4. 猫の多頭飼いのデメリット 

    猫好きには楽しみも多く検討する方が多い多頭飼い。ごはん、おやつ、おもちゃ、猫砂、保険、医療等々、一匹でもなにかとお金がかかるのに、単純に計算しても倍かかります。お金に余裕があるのかどうか、最期まで面倒が見られるのかどうかは十分に確認することが大切です。

  5. 犬の多頭飼いのデメリット

    犬を飼ってみると、けっこうお金がかかることがわかります。フード代、ペットシーツ代、他に狂犬病などワクチン接種や、フィラリアなど定期的にけっこうな費用が必要です。もし病気でもしたら、治療費がかかります。1匹でも大変なのに、2匹なら実に2倍、3匹なら3倍。

  6. 猫の多頭飼いのメリット 

    猫をすでに一匹飼っている方で、多頭飼いを検討する方も多いと思います。猫の世話は簡単なので、一匹でも二匹でもそこまで変わらないのも多頭飼いが検討される大きな理由だと思います。多頭飼いのメリットとしてあげられるのは、猫同士で遊ぶので運動不足にならないということです。

  7. 犬の多頭飼いのメリット

    犬好きにとって多頭飼いは魅力的です。犬同士がじゃれあったり、一緒に遊んだりする姿を見るのはとても嬉しいものです。犬は本来群れを作る動物ですから、多頭飼いした場合は群れのルールを覚えます。

  8. 猫の赤ちゃん

    猫の赤ちゃんはとてもデリケートです。母猫の母乳を飲み、眠り、だいたい2時間おきに目を覚まし、また母乳を飲み、眠る、人間の赤ちゃん同様、昼も夜も関係ありません。猫の赤ちゃんの体重は、出生時、平均80~100グラムです。1日におよそ5グラムずつ、体重が増加していきます。

  9. ペット保険

    大切なペットが病気や怪我をしたら病院に連れて行き、人間と同じように必要な治療を受けさせてあげたいと思う方がほとんどだと思います。しかしペットには人間のように健康保険がないため、高額な治療費用がかかってしまうことがあります。

  10. ペットの食事2  ペットに与えてはいけない食べ物

    人間には美味しくて栄養があっても、ペットにとっては危険な食品があります。 人のために調理された食品や食材、お菓子などに与えてはいけない食材が含まれていることがあります。

ページ上部へ戻る