スタッフブログ

  1. ペットの死因

    ペットには長く健康でいてほしい。人間と同様、ペットの高齢化が進むにつれて、がん・皮膚炎・腎臓病など病気になるペットが増えています。

  2. ペットの選び方

    新しい家族であるペットが欲しいと思ったら、まず自身のライフスタイルを確認してみましょう。ペットを飼える状況にあるかどうか冷静に考える必要があります。ペットは生き物です。ペットを飼うには毎日世話をしなければいけません。もし、忙しくて時間に余裕がないならば、焦らずに余裕ができてから飼いましょう。

  3. ペットの名前

    新しい家族であるペットを迎えてはじめてプレゼントするのが名前。ペットにぴったりなかわいい名前をつけてあげたいですよね。

  4. ペットの年齢

    人間の寿命は19世紀以降、一貫して伸び続けてきました。犬や猫などペットも昔と比べると、格段に長生きするようになりました。

  5. ペット供養の方法

    自宅で飼っているペットが亡くなった時、昔なら自宅の庭に埋葬するという方法をとることが多かったと思いますが、現代社会において特に都市部ではマンションなど自宅に庭が無い家庭も多く、どうやって供養していいのか悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

  6. ペットが亡くなった時はどうすればいいの?

    家族の一員として一緒に過ごしてきた最愛のペットとも悲しいことですがいつかは別れの時がやってきます。そんな時に慌てて何をどう対処したらよいのか分からないという状況にならない為に、今回はペットが亡くなった際のご遺体の処置などをどうすればよいのかをご紹介いたします。

  7. 最愛のペットがダイヤモンドに姿を変える

    私たち人間は長い歴史をペットと共に過ごしてきました。中でもペットの代表格でもある犬は、旧石器時代末期の北イスラエルの遺跡から約1万2000年前の遺骨が発見されています。日本においても縄文時代には人間と共に生活をしていたという形跡が見つかっています。

ページ上部へ戻る