メモリアルダイヤモンドができるまで

お客様からのお申込みを受けますと、米国ライフジェム社よりお客様固有のID番号が 与えられます。これは、取り違いを防ぎ、製造工程を円滑に進めるためのものです。その後お預 かりしたご遺骨は貴重品輸送で米国まで空輸されます。

お客様へのフォローアップの秘密

日本のライフジェムジャパンと米国ライフジェム社とは独自のコンピューターシステムでつながっており、お客様のダイヤモンドの最新状況が迅速に検索できるようになっております。

特殊な技法によりご遺骨に極度の高温加熱(約2,500度)を施し、混じり気のない炭素を精製・抽出いたします。この熱処理により不純物は除去されます。

抽出されたカーボングラファイト(炭素)

透明度の高いダイヤモンドをつくるために

ご遺骨から透明度の高いダイヤモンドをお造りするためには、この精製過程が決め手となります。1台の装置にご遺骨お1人分のみで入っていただき、1ヶ月から2ヶ月もかけて精製を施します。
ライフジェムではこの工程で一切の手抜きをせずに、独自の特殊な技術を用いて炭素を無駄なく取り出します。

精製・抽出された炭素を特殊な製造機にかけ、さらに高温・高圧を長時間加え続けることによって炭素が結晶化され、ダイヤモンドを造成していきます。(高温高圧法と呼ばれます。)

高温高圧法イメージ図

ラフカットしたところ

圧縮工程によって造成されたダイヤモンド原石をラフカットします。

唯一の証拠となります

ダイヤモンドの品質にとって大切なカッティング。カットはダイヤモンドの輝きの決め手となります。
ライフジェムでは、世界有数のカット職人に依頼しております。その技術は日本の宝石業者からも高い評価を得ております。
カットが仕上がると、ガードルと呼ばれるダイヤモンドの側面にID番号のレーザー刻印を施します。

実物は278mm×215mm 鑑定士サイン入り

こちらの鑑定書はご契約いただいた方全員に無料でお渡しいたします。 GIA(アメリカ宝石鑑定学会)の認定した鑑定士が、その確かな品質を証明いたします。

大切な想い出とともにいつも身近に感じていたい

ジュエリーはメイド・イン・ジャパン

ご希望されるお客様にはジュエリー加工を致します。
ジュエリーのデザイン、加工はすべて日本国内の工房で行われます。
いつも身近に感じていたい、そんな方々にジュエリー加工は大変ご好評いただいております。
スタンダードなデザインからオーダーメイドまできめ細やかにお客様のご要望にお応えいたします。

製造工程Movie

●画面をクリックするとご覧いただけます。

ページトップへ戻る

ページ上部へ戻る