スタッフブログ

ネコは自分の名前を聞き分けられる?

ペットを飼う人はみなさん、ペットに名前を付け、普段からその名前でペットを呼んでいると思います。

では、ペットのほうは自分に付けられた名前を認識しているのでしょうか?

 

これまでの各種研究で、イヌ、チンパンジー、イルカなどは人(飼い主など)の声の内容を聞き分ける能力があることが分かっているそうです。

 

ネコについても最近、同じように人間の声の内容、具体的には自分に付けられた名前を聞き分けられることが実験で証明されました。

 

証明したのは、上智大学総合人間科学部心理学科の齋藤慈子准教授らの研究チームです。

 

実験ではまず、対象となるネコの「自分の名前」と音の長さやアクセントの似た「一般名詞」や「同居する別のネコの名前」を4つ続けて聞かせます。

これを何回か繰り返すと、“馴れ”が生じてネコの反応が小さくなっていきます。

 

次に、4つの単語の後に対象となるネコの「自分の名前」を付け加えます。すると、馴れによって小さくなっていたネコの反応が統計的に有意に大きくなったというのです。

 

また、飼い主だけでなく、見知らぬ人でも同じ反応が見られました。つまり、飼い主の声のトーンなどに反応しているのではなく、人間が話す声に共通する音(この場合は名詞や名前)を聞き分けているということになります。

 

ただし、今回の実験対象には、一般家庭で飼育されているネコと、ネコカフェで飼育されているネコの2つのタイプがいて、両者には面白い違いもありました。

 

いずれも「自分の名前」と「一般名詞」は区別していると考えられる反応が見られたものの、ネコカフェで飼育されているネコでは「自分の名前」と「同居ネコの名前」とを区別していないようだったのです。

 

ネコカフェのネコは、それほど自分の名前をはっきりと認識していないのでしょう。ペットには毎日、ちゃんと名前で呼びかけることが大切ということかもしれません。

 

 

※参考:上智大学ニュースリリース

https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/PR/press0405.html

 

 

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドを造るなら

プレシャスワンにおまかせください。

http://www.preciousone.co.jp/

 

ページ上部へ戻る