スタッフブログ

ペット関連の注目スタートアップ企業(2)―定期的に新鮮・安全なペットフードを自宅まで

ペット市場は日本のみならず、世界市場で拡大しています。そこには当然、様々なビジネスチャンスがあり、多くのスタートアップ企業が参入しています。

 

今回、取り上げるのはペットフードの分野。ネットでペットフードを注文するのはもう普通になっていますが、アメリカで2015年創業の「NomNomNow」(ノムノムナウ)はさらに先を行きます。

https://www.nomnomnow.com/

 

同社のサービスの特徴は、自社工場で注文を受けてから生産した、新鮮で安全なカスタム・メイドの犬用、猫用ペットフードを1週間分ずつ、自宅まで届けるというもの。

 

犬用には4種類、猫用には2種類、専門の獣医が考案したお勧めレシピがあり、食材にはレストランで使われるようなホールフーズやグルテンフリーのものを使用。ミックスすることも可能です。

 

同社のホームページで、ペットの年齢、活動レベル、病気の有無、体重などを入力すると、適切な分量を1食分ごと真空パッケージにし、冷蔵で配送してくれます。

利用料金は、小型犬で毎食3ドル、定額制(サブスクリプション)なら月80ドル程度から。

 

同社は2016年から2017年の1年間で売上高が6.5倍に成長。創業3年目の2018年にはベンチャーファンドから1300万ドル(約14億円)の資金調達にも成功しています。

アメリカでは他にも、ペット向けの新鮮なオーダーメイドのペットフードを提供するベンチャーが続々登場。市場が急拡大しています。

 

背景にあるのは、人間と比べて寿命の短いペットに、1日でも長く生きてほしいというニーズの高まり。野菜の多い食生活をしたペットは平均3年近く長生きし、犬では最大65%ほど癌の発生率を抑えることができるという報告があるそうです。

 

日本でも最近、ヒューマングレードのペットフードを毎月、定額で配送するサービスを手掛ける企業が増えていますが、分量を細かく調整したり、鮮度にまでこだわるところは少ないようです。

 

日本でも今後、同じようなサービスが登場することが期待されます。

 

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドを造るなら

プレシャスワンにおまかせください。

http://www.preciousone.co.jp/

ページ上部へ戻る