スタッフブログ

ペットの食欲がない時の適切な対処法は?

ペットの食欲がない時とても心配になりますよね。

そんな時はまずはペットの状態をよく観察しましょう。

どの程度食欲が落ちているのか、普段の半分以下でペットがまだ幼かったり、高齢なら動物病院で診てもらった方がいいでしょう。

食欲がない症状は、一時的なこともあれば、回復するのに数日かかることもあります。 若くても下痢、嘔吐、尿が出ない、元気がないなどの他の症状がある場合は受診した方が良いでしょう。
急いで受診すべきか、自宅で静養させた方がいいのかは食欲不振以外の症状があるかどうかなどを確認して判断しましょう。ペットは人間のように病院での検査や治療の必要性を理解できません。必要ないのに、病院へ行くことでストレスを与えては逆効果です。
待合室が騒がしかったり、待ち時間が長かったりして、病院に行く事自体がストレスになることもあります。小さなケージの中で長時間待つのはペットにとって苦痛です。可能なら車の中で待たせてもらうなど工夫しましょう。
また、猫の場合は犬の気配を感じただけで緊張、警戒することが多く、完全室内飼いの猫の場合、外出自体がストレスです。ストレスは治療効果や回復するまでの時間にも影響するので、なるべくストレスをかけないように気を付けましょう。

ペットが美味しそうにごはんを食べる姿は見ていてとって嬉しいですよね。でも、全てのペットが美味しそうにモリモリと食べるわけではなく、食べ方や食べる量も違います。ペットの個性と正しい食事量を理解し、健康な生活を送れるように見守ってあげましょう。

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドを造るなら

プレシャスワンにおまかせください。

http://www.preciousone.co.jp/

ページ上部へ戻る