スタッフブログ

ペットにもストレスはあるの?

ペットは人間のように自分の欲求を言葉にすることができません。

しかしペットにも色々な感情があることはその様子からも明らかです。

留守番に慣れていないペットを置いて長時間外出する、忙しくて散歩に連れていけないなど、不安や不満を感じさせる行動をしないことが大切です。

犬や猫は人間と同じストレスを抱える動物です。少しでもストレスが原因と思われる行動があれば、普段の生活環境からストレスの原因を探し、見直してみましょう。

犬のストレスサインは無駄吠えや1ヶ所を舐め続ける、自分の尻尾を追いかける、同じ場所を延々と行ったり来たりするなどです。

お散歩に長めにいく、ショッピングや食事など一緒に外出する、ボールなどを使った遊びを一緒にする他、愛犬の好きなものが何かを想像し、おもちゃなどを工夫して犬だけで出来る遊びを見つけるのも良いでしょう。

一方、猫がストレスを感じはじめると、大きく分けて「食事」「排せつ」「毛づくろい」の3つに症状や行動の変化が現れます。

猫のストレスを取り除くためには、猫の嫌いな刺激を繰り返さないようにしてあげることが大切です。猫は音や匂いなどの刺激に恐怖心や嫌悪感を抱き、ストレスを抱えてしまいます。

生活環境の見直しも大切です。「清潔なトイレ」「十分な量の食事」「運動」は猫にとって健康の基本です。トイレを掃除する頻度を増やす、食事は良質なものを与える、キャットタワーやおもちゃを用意して運動できる環境を整えるなど、生活環境をきちんと整えてあげましょう。

 

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドを造るなら

プレシャスワンにおまかせください。

http://www.preciousone.co.jp/

ページ上部へ戻る