スタッフブログ

プレシャスワン > スタッフブログ > コロナでペットを飼う人が急増中

コロナでペットを飼う人が急増中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の新型コロナの感染拡大は、社会全体に大きな影響を及ぼしています。

経済面では航空、旅行、飲食など人の移動を前提としている業種は、なかなか業績回復のきっかけがつかめません。

一方、「withコロナ」の状況で、ライフスタイルの新しい潮流が生まれています。

ペットを飼う人が急増しているのもそのひとつといえるでしょう。

 

感染対策で外出自粛が広がるとともに、在宅勤務やリモートワークが当たり前になってきました。

子どもも大人も家にいる時間が長くなり、外で人と会う機会も減って、「ペットを飼おうか」という家庭が増えています。

 

ペットフード関連企業の業界団体である一般社団法人ペットフード協会が毎年発表している「全国犬猫飼育実態調査」では、犬・猫の飼育頭数ともにここ数年、微減ないし横ばいが続いていました。

 

しかし、直近の2020年は、犬の推計飼育頭数は8489000頭、猫は同9644000頭となり、それぞれ前年比で14%および16%も増えています。

 

 

図表 犬と猫の新規飼育頭数(推計)

 

<犬>                 <猫>

https://petfood.or.jp/data/chart2020/3.pdf

 

 

これは、コロナによって外出を控える生活が続く中、いままでペットショップへ行ったことがないような人や、興味はあっても忙しくて行けなかったような人が、自宅近くのペットショップへ足を運んでみて、その結果、購入に踏み切るケースが増えているようなのです。

 

ただ、販売が増えてもブリーダーなどが育てる子犬、子猫はすぐには増えないため、ペットショップの店頭ではなかなかお気に入りが見つからなかったり、チワワやトイプードルといった人気種はとても高額になるケースもあるようです。

犬や猫を飼う人が増えるとともに、ペットフードやゲージなど関連商品の販売も上向いています。

 

ペット市場が拡大し、経済全体にも影響を与え始めていることを「ペットノミクス」と呼ぶようですが、今回のコロナは「ペットノミクス」の追い風になっていることは間違いありません。

 

 

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドを造るなら

プレシャスワンにおまかせください。

http://www.preciousone.co.jp/