スタッフブログ

猫の五感 聴覚について

猫は音に非常に敏感で、聴覚も非常に優れています。
猫の耳はいったいどのくらい優れているのでしょうか。猫は人間の10倍ほどの聴力を持っています。
低い音は、人も犬も猫も大差はありませんが、高音となると猫が圧倒的に優れています。猫はなんと超音波まで聞き分けられます。
人間の場合は、20キロヘルツの高音を聞き分けるのが限界です。
犬の場合は40キロヘルツ、猫の場合は80キロヘルツという超音波の領域まで聞き分けられます。
a2b8e47d3ab7e069c5fac58dd54a8f3a_s

人にも犬にもまったく聞こえない高音も、猫は聞くことができます。
これは、獲物の鳴き声を聞き取るために発達した能力であると言われています。
また猫は雷の音を嫌います。雷のように低く、響くような音は猫にとって非常に苦手な音なのです。
猫は寝ているときも、聴覚が働いています。これは、野生の本能が残っているためであり、寝ているときに敵に襲われてもすぐ逃げられるようにするためです。
寝ている時に猫によびかけると耳だけがピクピク動くことがあります。
ちなみに寝ている猫に呼びかけるとしっぽだけを軽く振って反応することがあります。
これは、「聞こえているけど、起き上がるのが面倒臭い。」という猫のワガママなサインです。

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドを造るなら
プレシャスワンにおまかせください。
http://www.preciousone.co.jp/

ページ上部へ戻る