スタッフブログ

猫の多頭飼いのデメリット 

猫好きには楽しみも多く検討する方が多い多頭飼い。
ごはん、おやつ、おもちゃ、猫砂、保険、医療等々、一匹でもなにかとお金がかかるのに、単純に計算しても倍かかります。6e0b9b3a61229b5d55d56a388e25f55f_s
お金に余裕があるのかどうか、最期まで面倒が見られるのかどうかは十分に確認することが大切です。
多頭飼いの場合、猫どうしで遊んでくれるのは運動不足解消となってよいのですが、いたずら好きの猫の場合はいたずらも倍になります。飼い主の負担が増えぬように猫を迎える前にしっかりといたずら対策をしておく事が必要です。
また、1匹飼いの場合は病気になっても他に猫がいないので感染する心配はありませんが、多頭飼いをしていると1匹が病気にかかってしまうと他の猫にも感染するリスクが出てきます。家の中だけで猫を飼う場合は、病気をもらってくることはほぼないのであまり心配はいりませんが、外に散歩に行く猫ちゃんだと、野良猫から病気をもらってきたり、ダニなどの虫を持って帰ってくる危険があります。
猫にとってはどうでしょう?猫同士の相性が良ければとても楽しいですが、相性が悪ければ1日中家の中で一緒に暮らすのは猫にとって相当なストレスになるはずです。
あらためて多頭飼いのデメリットについて考えてみると、メリットよりむしろデメリットが多いのではないかと思ってしまうのですが、実際に猫の多頭飼いをしている方にお話を聞いてみると皆さん、お金のこと、健康のこと、いろいろ考えることはたしかに多いのですが、それ以上に幸せを感じています。と仰います。
ペットは家族同然なのですから家族が多いほど苦労も多いけど、喜びも大きいということなのでしょう。
メリットもデメリットも飼い主さんの受け止め方次第ということなのでしょうね。

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドを造るなら
プレシャスワンにおまかせください。
http://www.preciousone.co.jp/

ページ上部へ戻る