スタッフブログ

ペットが亡くなった時はどうすればいいの?

家族の一員として一緒に過ごしてきた最愛のペットとも悲しいことですがいつかは別れの時がやってきます。そんな時に慌てて何をどう対処したらよいのか分からないという状況にならない為に、今回はペットが亡くなった際のご遺体の処置などをどうすればよいのかをご紹介いたします。

pet_d

最愛のペットが亡くなった際にまず行なってほしいのが、ペットの体をキレイにしてあげること。なぜなら、犬や猫などの小動物は死後硬直が進むのがとても早いのです。そのままの状態にしてしばらくすると、あっという間に体が硬くなってしまいます。そうなってしまう前に、まぶたを閉じてあげ、手足は胸の方に曲げ、寝ているような状態にしてあげましょう。また濡れタオルなどで体を清潔にしてあげてください。また愛用のブラシで丁寧にブラッシングしてあげるのもいいでしょう。ペットが息を引き取ったショックと悲しみで何も出来ないという精神状況に陥ってしまいがちですが、一つ一つ丁寧にペットを見送る準備をすることで少しずつ気持も静まると思いますので、最後のお見送りの準備を進めていきましょう。

体をキレイにすることができたら次は清潔なタオルやシーツなどの大きめな布でご遺体を包み、箱等に移しましょう。その際、ペットのご遺体を置く場所の下には防水シートを敷いておくとようでしょう。これは時間が経つとご遺体から体液が染み出てくる為です。ご遺体を安置する場所は出来るだけ涼しい場所におき(夏場でしたらクーラーが効く場所)、腐敗を防ぐために市販の保冷材やドライアイスを頭部や腹部の辺りに入れてあげましょう。

ここまで出来ればご遺体の処置は完了です。

あとは、最愛のペットとのお別れをご家族で行ないましょう。家族の一員として共に時間を過ごしたペットとの思い出を語り合い、好きだった食べ物をお供えするのもよいでしょう。そうした時間を過ごすことでペットを失った悲しい気持ちを少しずつ整理していってください。また最愛のペットが犬の場合は登録している市町村に、30日以内に死亡届を提出することが必要となります。死亡届の提出方法などは各自治体によって異なることがありますので、お住まいの市町村に確認して手続きを行なってください。

 

ペットの遺骨・遺灰・毛からダイヤモンドをつくるならプレシャスワンにおまかせください。

http://www.preciousone.co.jp/

ページ上部へ戻る